サーチュイン遺伝子とは何か?

レスベラトロールについて調べていると、サーチュイン遺伝子という言葉がたびたび登場します。
このサーチュイン遺伝子とは、一体どういうものなのでしょうか。

 

レスベラトロールに興味・関心をお持ちの方は、より知識を深めるための参考としてお役立てください。
まず、サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子と呼ばれています。

 

その理由は、生物の老いを防ぎ、寿命を延ばす作用をもたらすためです。

 

しかも、このサーチュイン遺伝子は特定の人にだけ存在するというわけではなく、例外なく誰にも存在する遺伝子だとされているのです。仮にこのサーチュイン遺伝子を活性化した場合、私たち人間の平均寿命はいまよりだいぶ延びると考えられているのです。

 

このようにいわれているサーチュイン遺伝子ですが、魅力的に感じた人はどうやって活性化させるのかが気になるところでしょう。方法としてはレスベラトロールを摂ること、これはワインなどから摂取可能ですが、ほかの方法としてはカロリーコントロールが挙げられます。

 

カロリーには推奨されている必要摂取量がありますが、その7割程度を7週間以上継続して摂ることで、サーチュイン遺伝子が活性化されるといわれています。これにより老化の要因や免疫細胞の活発化を抑制することとなり、動脈硬化をはじめとする病気を引き起こす可能性が低くできると考えられています。

 

しかしながら、必要量の5割以下といったように極端にカロリー制限を行うと、反対に寿命が短くなるとの指摘があります。

 

また、7週間以上継続したらずっとサーチュイン遺伝子が活性化した状態になっているかというとそうではなく、カロリーコントロールをやめると活性化は解除されます。