高濃度レスベラトロールの効果・効能

アンチエイジング成分として熱い視線が注がれているレスベラトロールですが、期待されている効果・効能には何があるのでしょうか。これにはいろいろありますので、順番に紹介していくことにします。

 

まず、健康に関する効果が期待できるといわれています。

 

さまざまな病気に強くなるとされており、人の命を奪うガン、脳梗塞、あらゆる生活習慣病との関わりが深い動脈硬化の予防に良いといわれています。

 

さらには一生涯に渡り付き合っていかなければならない糖尿病の合併症、記憶障がいなどが引き起こされる認知症を未然に防ぐ効果が期待できるとも考えられています。

 

いずれもかかってしまった場合には深刻な事態を招きますので、あらかじめレスベラトロールが対策になることが真実だとすれば、これほどありがたいことはありません。

 

次に美容に関する効果も望めるといわれているのが、レスベラトロールなのです。

 

どちらかというとこちらの効果効能のほうが注目を集めているかもしれません。
具体的には、肌のターンオーバーを促進する作用がもたらされるといわれています。

 

レスベラトロールの効果に詳しいサイト

レスベラトロールサプリメントの効果・効能

 

ターンオーバーの乱れは美容を損ねるあらゆる肌トラブルの原因となりますし、加齢に伴い消失する潤いにも影響します。それから、この頃は女性でも悩まされている人が多いとされていますが、薄毛にも効果が望めると考えられています。

 

髪の毛のボリュームがアップしたり、生えてきたりといった効果がレスベラトロールには期待できるといわれているのです。

レスベラトロールはいろいろな食品に含まれていますが、その中の一つにリンゴンベリーが挙げられます。

 

なお、サンタベリーに含まれているということで取り上げられていることが多くありますが、これはリンゴンベリーと同様のものであるものの、わかさ生活の登録商標なので呼び名が異なるのです。

 

さて、このリンゴンベリーですが、アンチエイジング成分として注目を集めているレスベラトロールを含んでいるだけでなく、ほかにもさまざまな成分を含んでいるのです。

 

抗酸化力に優れているポリフェノール類をなんと約30種類含むほか、目に良いことで有名なアントシアニン、美しく白い肌へと導くとされるフェルラ酸やアルブチン、若々しさに欠かせないビタミンB1やB2、E、お通じを良くするといわれる食物繊維など、健康や美容に良さそうな成分が目白押しです。

 

体や肌に嬉しい成分だと思うと取り入れたくなる人は多いでしょうが、果実自体を生食されることは日本においてまだ多くありません。通常の食事でリンゴンベリーを摂りたいということでしたら、リンゴンベリージュースやリンゴンベリージャムを購入するのが良いでしょう。

 

味は甘酸っぱいのが特徴で、もちろん好みはあると思いますが美味しくいただけると思います。
ただし、探したみたけれど近所のお店にないということもあるかもしれません。

 

その場合にはネット通販を利用するとすぐに見つかるでしょう。
なお、栄養補給だけが目的、味が苦手だったという人は、サプリメントで摂るのも良いのではないでしょうか。

レスベラトロールサプリメントは、成分の抽出方法が大きくわけて2種類あります。
まず一つはアセトン抽出法、もう一つは水・エタノール抽出法です。

 

これらのうちアセトン抽出法が重要なのですが、有機溶媒を使用した抽出法であり、日本においては特定の成分を抽出する場合には使用することが不可能です。

 

レスベラトロールの抽出方法として、日本国内においては法律で使用が認められていないのです。
しかしながら、国外の製品では使用されていることが多くあります。

 

国際的な基準を超えない量であれば、摂っても健康被害のリスクはまずないとされていますが、吸収率に関わるといわれているのです。
アセトン抽出法が採用されたものだと脂溶性のレスベラトロールの割合が高く、効率良く吸収することができません。なお、日本で使用が認められていない抽出方法ですので、絶対に安全といいきることもできないのです。

 

したがって、安全性や吸収率で比較すると、水溶性のレスベラトロールで水・エタノール抽出法のものが良いということになるでしょう。なお、抽出方法というのは、商品を見ただけではわからないことが往々にしてあります。

 

それではどうすれば良いのかといいますと、原材料を確かめてみるといいという話がありました。

 

赤ワインが使われている場合には抽出方法としてアセトンが使用されていない可能性が高いといわれていますので、レスベラトロールサプリメントを購入する際には参考にしてみてはいかがでしょうか。

健康や美容を目的にレスベラトロールを補給したいと考えている人は多いでしょう。

 

通常の食事から摂ろうとする場合、赤ワイン、ピーナッツ、ココアパウダーなどにレスベラトロールが豊富に含まれているといわれています。
どれだけの量を摂れば良いのか、目安の摂取量はいまのところはっきりしていませんが、米国では100mg以上摂ることが推奨されているという話があります。

 

なお、よくメディアなどで取り上げられている成分自体に期待される効果効能に関しては、動物実験で結果が出た量を人間換算した場合、500mg以上摂らなくてはいけなくなるといわれています。

 

ハードルが高そうと思った人もいるでしょうが、実際に通常の食事から100mg以上、ましてや500mg以上摂ることはほぼ無理といっていいでしょう。というのも、食品の中でもレスベラトロールの含有量に優れているとされている赤ワインでさえ、1l中に含まれる量は多くて6mg弱程度なのです。

 

他は100gあたり1mgも含まれていませんので、前述した量をクリアするのがどれほど大変なこと、現実的でないことかがわかるでしょう。したがって、含有量だけに注目して多く摂取したいということでしたら、レスベラトロールサプリメントで補給するのが効率的でしょう。

 

通常の食事から摂るより遥かに多くの量が小さい粒の中に閉じ込められています。

 

ただし、メディアなどで紹介されている効果効能に惹かれる気持ちはわかりますが、サプリメントはあくまで食品であり、日頃の栄養補給のサポート役であるということを忘れてはいけません。

一口にレスベラトロールといっても、複数の種類があることを把握しておいたほうが良いでしょう。

 

レスベラトロールが注目されるきっかけとなったのは、アンチエイジングに効果がある、病気に効果があることなどが研究の結果が明らかになったためといわれています。

 

マウスを使った動物実験などが行われていたわけですが、このときに効果があったという結果が出ているのはトランスレスベラトロールと呼ばれる種類なのです。

 

そのため、レスベラトロールサプリメントを購入するにあたり、前述したようなことに魅力を感じ買い求めるのでしたら、ハッキリとトランスレスベラトロールと成分表示に記載されているものを選んだほうが良いということになります。

 

それから、仮に私たちが摂るとして、どれだけのトランスレスベラトロールが必要なのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。この疑問に対する回答としては、動物実験で出たような効果を期待するならば、500mg以上の量を摂取しなければいけないといわれています。

 

しかしながら、これは単純に動物実験で結果が出た量を人間換算にしただけであり、動物と人間では代謝系が異なることから、現状においてはっきりとどれだけの量を摂ると効果があるという目安の摂取量や必要摂取量というのはありません。

 

なお、前述した500mg以上の量を含むレスベラトロールサプリメントは存在しないという情報がありますが、実際に商品を探してみたところ、トランスレスベラトロール500mg以上含有と表示されている商品はありました。

レスベラトロールサプリメントの原料としては、イタドリが使用されていることがあります。

 

これは多年草の植物のことですが、この根は国内だと生薬として使われていたことから、医薬品の扱いになっているのです。日本におけるサプリメントは医薬品ではなく健康食品のため、原材料にイタドリを使用することは認められていません。

 

したがって、イタドリが原材料として使われているとしたら、それは国外のレスベラトロールサプリメントということになります。実際に何かネット通販で買えるサプリメントを見てみると、国外のサプリメントの原材料の項目にイタドリと記載されていることがわかるでしょう。

 

なお、イタドリが使用されている海外製品を摂取することが法律的に問題があるのかといいますと、答えはノーです。摂ること自体、現状においては法律に抵触するようなことはありません。

 

ただし、安全性に関しては自己責任でということになりますので注意が必要です。

 

真偽のほどは定かではありませんが、イタドリが使用されているサプリメントを摂取することにより、お腹が痛くなったり、下したりすることがあるといわれています。

 

これを副作用として取り上げているところもありますが、実際にイタドリが使われているサプリメントを使い続けているけれど、全く問題がなかったという人もいます。

 

当然、使ってみて体調がおかしくなったら病院に行くことが大切ですが、どうしてもイタドリが原材料に使用されている海外製品を買うのでしたら、アメリカ食品医薬品局(FDA)という組織の認定を受けたものを選びましょう。

長寿遺伝子と称されるサーチュイン遺伝子を呼び覚まさせたり、アンチエイジングに有用性があるといわれたりと、その効果に期待が高まるレスベラトロール。

 

毎日摂ることができたらどれだけ良いものかと思っている人も少なくないでしょう。

 

このことに関し、ただ単純に摂取したいということでしたら、私たちの身近にある食品からも摂ることが可能です。具体的には赤ワイン、イチゴ、ザクロ、アーモンド、ココアなどが挙げられます。

 

これだけ見ると、人によってはお酒が好きだという理由で赤ワインを飲み、おつまみとしてアーモンドを食べれば良いのではないかと考えるかもしれません。しかしながら、ちょっとやそっと摂ったくらいでは、よく取り上げられているようなレスベラトロールの効果は得られないとの指摘があるのです。

 

たとえば赤ワインからレスベラトロールを摂取したいと考えたとしましょう。

 

この場合、レスベラトロールに期待されている効果がもたらされるためには、毎日数百本飲まなければいけないのです。ワインのレスベラトロール含有量は食品の中でも豊富なため、別の食品から摂ろうと思ったとしても、常軌を逸した量を摂取しなくてはいけないことになるでしょう。

 

このことから、毎日の通常の食事だけでレスベラトロールを十分に摂るのは難しいのです。

 

しかしながら、諦めることはありません。

 

栄養補給することが目的であればレスベラトロールサプリメントが発売されていますので、こうしたものから摂取すると効率が良いでしょう。

サーチュイン遺伝子を活性化するには、レスベラトロールを摂取すること、カロリーコントロールを行うことが必要です。活性化の条件を満たした場合には、いろいろな効果効能が望めると考えられています。

 

ここでは男女共に望めること、男性の場合に望めること、女性の場合に望めることにわけて紹介していくことにしましょう。まず男女共に期待されている効果効能ですが、病気にいいといわれているのです。

 

具体的にはガン、心疾患、脳梗塞、糖尿病に有用性を発揮すると考えられています。

 

どれも深刻な病気ですので、本当に効くとしたら嬉しい限りです。次に男性の場合に望める効果ですが、加齢と共に悩まされる人が多くなる、男性ならではの悩みに力を発揮すると考えられています。

 

たとえば薄毛はサーチュイン遺伝子が活性化することで改善の見込みがあるとされていますし、勃起不全にも有用性があるといわれているのです。

 

これらの効果効能を得ることができれば、男性としての自信を取り戻すことができるのではないでしょうか。そして女性の場合に期待できる効果ですが、加齢と共に浮き彫りになる肌トラブルに対し有用性があると考えられています。

 

肌細胞のターンオーバーを正常化し、シミやシワ、たるみ、くすみなどを改善する効果が見込めるといわれているのです。以上のことを簡単にまとめると、サーチュイン遺伝子が活性化されることで、病気に対し強くなったり、体や肌を若々しくする効果・効能が期待できるのです。

レスベラトロールについて調べていると、サーチュイン遺伝子という言葉がたびたび登場します。
このサーチュイン遺伝子とは、一体どういうものなのでしょうか。

 

レスベラトロールに興味・関心をお持ちの方は、より知識を深めるための参考としてお役立てください。
まず、サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子と呼ばれています。

 

その理由は、生物の老いを防ぎ、寿命を延ばす作用をもたらすためです。

 

しかも、このサーチュイン遺伝子は特定の人にだけ存在するというわけではなく、例外なく誰にも存在する遺伝子だとされているのです。仮にこのサーチュイン遺伝子を活性化した場合、私たち人間の平均寿命はいまよりだいぶ延びると考えられているのです。

 

このようにいわれているサーチュイン遺伝子ですが、魅力的に感じた人はどうやって活性化させるのかが気になるところでしょう。方法としてはレスベラトロールを摂ること、これはワインなどから摂取可能ですが、ほかの方法としてはカロリーコントロールが挙げられます。

 

カロリーには推奨されている必要摂取量がありますが、その7割程度を7週間以上継続して摂ることで、サーチュイン遺伝子が活性化されるといわれています。これにより老化の要因や免疫細胞の活発化を抑制することとなり、動脈硬化をはじめとする病気を引き起こす可能性が低くできると考えられています。

 

しかしながら、必要量の5割以下といったように極端にカロリー制限を行うと、反対に寿命が短くなるとの指摘があります。

 

また、7週間以上継続したらずっとサーチュイン遺伝子が活性化した状態になっているかというとそうではなく、カロリーコントロールをやめると活性化は解除されます。

健康食品や化粧品にはレスベラトロール配合の商品が多くあります。
このレスベラトロールとは一体どういう成分なのでしょうか。

 

テレビ番組でも取り上げられたことをきっかけに大注目を集めることとなったこの成分について取り上げます。まず、レスベラトロールとはポリフェノールの仲間の成分です。

 

また、若返りの成分として称されることも多々あります。
成分の特徴としてはポリフェノールの一種というだけあり、抗酸化力に優れています。

 

この優れた抗酸化力が細胞がサビつくのを防ぐため、老いの原因を取り除くのに有用性があると期待されています。それから、レスベラトロールは、長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化する成分としても熱視線を注がれているのです。

 

レスベラトロールのこの作用により、寿命を延ばすことができるのではないかと期待されています。いつまでも年齢を感じさせない、活き活きとしていたいという人にとってはこれ以上ない、魅力的な成分といえるのではないでしょうか。

 

冒頭で記した通り、アンチエイジング成分としてのはたらきが期待できそうだということで、各社こぞって健康食品や化粧品という形で商品化しているのでしょう。

 

その他、レスベラトロールのこうした特徴は海外で研究や実験が行われ明らかになったものであり、単なる噂ではないだけにより一層期待が高まります。

 

なお、レスベラトロールは食べ物にも含まれており、代表的なものとしてはブドウやリンゴンベリーなどが挙げられます。